同好の士を見つけることで楽しみが広がります

古い切手の処遇

中国にパイプのある買取業者も

古い切手のコレクションを売却するなら、オークションに出すか買取店に持っていくのが普通です。確かな査定を受けたいときは、鑑定士のいる買取専門店を利用するのが良いでしょう。ただし買取店にもいくつかの種類があります。切手を専門に売買している業者は、それだけ深い知識を持っていると言えます。切手・古銭から貴金属やブランド品まで幅広く扱っている業者は、出張買取や郵送買取などのサービスが充実しています。 中国切手に関しては、中国国内の販売店と直接取り引きしている業者もあります。このような業者は余計なマージンが入らないため、高額で買取できる場合があります。それぞれの業者の特徴を理解して、買取店を比較し選ぶのが賢い方法です。

なぜ中国切手が売れるのか

50年代〜90年代の中国切手は、もっぱら中国人富裕層の間でブームになっています。文化大革命で古い切手が一掃されたため、日本など海外に残された中国切手が珍重されるようになりました。現在では中国からも切手商が来日して、日本の業者から中国切手を買い取っています。 中国切手の相場は変動が激しく、また切手の状態によっても値段が大きく変わります。ですから適正な査定が非常に重要です。各買取店では店頭査定のほか、出張査定や宅配査定、メールや電話での査定など、いろいろなサービスを用意しています。 中国経済の減速に伴い、今後は中国切手の価格も下がっていく傾向にあると言われています。買取店の迅速なサービスを利用して、高価なうちに売却したいものです。

Copyright© 2015 同好の士を見つけることで楽しみが広がりますAll Rights Reserved.